写真2014年は、たくさんの人に支えられ、助けられ、ときを刻み、実りある1年になりました。

2015年を今むかえ、これからの1年にむけ、自分と対話をしています。

兆しとは、ものごとが起こりそうな気配という意味です。

春の兆しという言葉があるように、チャンスの前には、必ず「兆し」があります。

そこに、“しんにょう”をつければ、「逃げる」

手偏をつければ、「挑む」です。

兆しがきたら、逃げるか、挑むか。

迷ったときこそ、一歩踏み出す、チャレンジをこれからも選択できる自分でありたいです。