「ルーヴル美術館展」を観に、六本木にある国立新美術館に行ってきました。

フェルメールの「天文学者」

初来日の作品を観ることができました。

16世紀から19世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の数々。

タイトルから、「当時の日常」を想像しながら、人々の多彩な表情に魅了されました。

IMG_1376

美しさに目を惹かれた「割れた水瓶」

 

 IMG_1386

美しさとはまた別に、性的なテーマで喪失を暗示した

複雑な道徳的・教訓的な意味も込められていることを知りました。

時代背景とともに、虚ろな表情から儚さなど感じました。

 

時を超え、国を超え、いま東京で観られる不思議さを感じながら、

芸術に触れる時間を楽しみました。