ある鉄板焼店のオーナーシェフとお話をするなかで、

「サービスは、一方通行。おもてなしは、キャッチボール」
という言葉が印象に残りました。

大好きなお店を思い浮かべると、お店もお客様も、ある意味対等で、

お互いが「心」や「愛情」を使って、心地よい空間、関係を

キャッチボールしながら、創り出しているように感じます。

 

そこには、一方通行の押しつけや、ドッチボールのようなトラブルもなく、

常に「ありがとう」で溢れています。

 

「相手の希望や期待をキャッチして、受け止め、受け取りやすいところに投げ返す」

ということを繰り返せるのは、相手への「関心」がなければ到底できないことで、

「関心」から、「知恵」や「工夫」が生まれ、

「愛情」へつながっていくのではと思います。

その愛情によって、マニュアルを超える接客ができるのだと感じました。

だから、私も好きなお店には、何度も足を運んでしまい、
お酒が進むんだな・・って言い訳か (//∇//)\

写真 のコピー 3