「浅草演芸ホール」へ寄席を観に行ってきました。

落語や漫才、手品などをライブで観るのは迫力があり、何より「笑い」って元気になりますね。

今日の寄席で、お客さんを湧かす瞬時のアドリブを見て感じたことは、

「うまく見せよう」ではなく「楽しんでもらおう」というのが、にじみでているということです。

 

私は、婚礼司会者時代、とっさのアドリブが苦手で、用意した台詞を手放せない時期がありました。

キレイにまとめる台詞からは、大きなミスにはならないけれど、心に響く進行もできず、

「無難」という守りの裏側には、

必ず「うまく見せよう」という自分に向かったベクトルがあることを思い出しました。

 

見えない心、自在に動く心だからこそ、たまに「軌道修正」をしながら

「どう見えるか」ではなく、「どうあるか」

「どこに心が向いているか」ということを大切にしていきたいです。

Image-2