挨拶は、お辞儀の角度より、思いの深さだと私は思います。挨拶はその人を物語ります。

伝説のホテルマンといわれた、リッツカールトン大阪の支配人をされていた林田正光さんは

57歳のときに、挨拶で社長に大抜擢というエピソードがあります。

どんな挨拶をしたか。心を込めたそうです。

心のこもった挨拶をするには、言葉の意味を意識することがもっとも簡単で、

「有り難し」つまり、「滅多に起こり得ない、ありがたいこと」

滅多にないほどのことを相手にしていただいたという気持ちを「ありがとう」に込めれば

その心は相手に伝わるはずだと、林田さんはおっしゃいました。

私の研修でも、何に対して“ありがとう”なのか、何に対しての“ごめんなさい”なのか

具体的に思いをあげてもらっています。

綺麗な挨拶より、心の通った挨拶を大切をしていきたいです(^ ^)

IMG_1136