某商社様の社内インストラクター向けの研修に登壇しました。

地道な関わりが必要な新人教育。

優しさ一辺倒でも、厳しさ一辺倒でも自律性は育たず、

育成段階によって、見立てて関わる重要性を深め合いました。

「優秀な作業者」を育てたいのではなく、

「自分で考え行動できる人材」を育てるために、

事例や、デモストレーション、ロープレで体感していきます。

インストラクターは、自身の業務を抱えながらの育成。

決して教科書通りにはいきませんが、

「実践的だったので、明日からすぐに活用する!」という言葉に嬉しくなります。