年間で接客コンサルティングをさせていただいている

訪問看護ステーション様で研修を実施しました。

回を重ねるたび頼もしい変化が見えます。

その姿に日本を代表するある歌手の言葉を思い出しました。

「あいだの過ごし方」です。

「ステージの成功は、ステージとステージの間に何をしたか。
ステージ当日、いくら気合を入れてやったところで、ごまかせない」と。

研修から、研修までの「あいだ」という日常業務での取り組みこそ、

目に見える変化を生み出します。

週ごとに、具体的な目標や課題を書き出し実践。

自分だけでは気がつかないことを

職場内でフィードバック、改善実践。

私も、「研修と研修のあいだ」にトレーニングの一貫として、お客様役で

電話をすることもありました。日常力に勝るものはありません。

これからも二人三脚で「あいだの取り組み」を大事にしていきます!

【お客さまの声】を寄せてくださいました。

これからも心をこめて取り組んでまいります!

 =========================================
訪問看護ステーションスマイルリンク  代表取締役 岩崎 千昇様
 
 
「研修を依頼する事になったきっかけですが社内でインシデント・アクシデントを
整理していると問題点の多くが接遇に起因している事がわかりましたが
なかなか減らす事が出来なかった事です。
 
それでも新しい事業所を立ち上げる事になった時、
電話対応をする事になった若いスタッフが
あがり症で呂律が回らない、ミスをした時には黙っていたりして困っていましたが
彼にも良い点は多くあったので私は何とかそのスタッフを成長させてたく思いました。
 
しかし私力だけでは難しいと思っていたところ、
ご縁がありselanstyleの原田さんに依頼したのが始まりです。
 
そのスタッフはお客様に安心して頂ける接遇の知識を得ただけではなく、
行動し続けた事で今では性格さえ変わった様に感じています。最近では同じ部署内のスタッフのミスさえも自ら対応を申し出る心の強さを感じせる場面もありました。
 
研修は社内の問題点を相談する打ち合わせから始まり、講師自らがスタッフの普段の行動を実際に調査、オリジナルの研修内容を作成、その膨大な時間を研修時間に集約、研修を複数回に分ける事で受講したスタッフの成長に合わせてその都度、内容をアレンジして頂いております。
 
「心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる」と言う言葉があります。弊社にとってはこの言葉が
selanstyleの研修に当てはまるのではないでしょうか。
 
 
今、スタッフ達は接遇を学ぶ事を通して自分自身が変わる事がお客様の安心や喜びに繋がる事に気が付き始めています。そして成長した自分達に気付いてくれる講師の原田さんに再び会える事を楽しみにしています。
私はこれからもこの機会を繋ぎ続けたいと思います。」
=========================================